相続税では医療費はどうなるの?

相続税

相続税において、しっかりと考えておきたいのが医療費です。
税金の支払いにおいて、重要となってくるのが各種控除です。
税金を納める時、多くの方は控除が適用されています。

よく、医療費などが高額となった場合は、税金から控除できると聞いたことがないでしょうか。
これは医療費の負担を少なくするためのもので、医療費として高額の医療費を払った場合は、控除されるように配慮されています。
相続税に関しても、高額医療費の場合は対象となり、控除はもちろん、場合によっては還付を受けることもできます。
還付の場合は、支払った分の方が大きい場合は返還されるので、かなり得をすることもあるかもしれません。
もちろん、税金は損得で語れるものではありませんが、どうせなら損をしたくないですよね。
そのためには、医療費などのことも考慮しておくことが必要となります。

また、医療費に関してはそれぞれ状況も変わってきます。
例えば、自分自身が病気や怪我をして高額の医療費がかかった場合はもちろんなのですが、被相続人が高額医療費を支払っていた場合も考慮すべき余地があります。
もちろん、原則としては納税する人に対してこそ、これらの控除や還付がおこなわれているので、原則としては残された家族や遺族がしっかりと対応しなくてはなりません。
ただ、医療費の還付や控除は、手続きさえしっかりしておけば、得をすることも多いです。
普通の方はこれらの知識を持っていないということもあって、そのまま気付かずに申告して納税しているということも多いでしょう。
税務署は納税者の得をするようなことはあまり教えてくれません。
逆に税務署が損になりそうな場合は、無慈悲に鉄槌を下してきます。
それならば、こちらもしっかりと知識を身に付けて応戦するしかないでしょう。
そのために必要なのが控除や還付を活用することです。

ただ、いきなり相続税の支払いが必要となり、そこに医療費がどうとかこうとか言われても、わからない方が多いでしょう。
そういう場合は、まず相続税になどに詳しい人に相談することをおすすめします。
この場合は相続税なので、税理士などがおすすめです。
税理士は節税や税金対策をサポートしてくれるので、かなり心強い味方になってくれます。
まずは、それらの点も含めて専門家に相談してみてはいかがでしょうか。
税理士はいつでも対応してくれるので、税金のことで悩んだ場合は、相談してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA