配偶者相続税について相談したい!

今まで一緒にやってきた大切なパートナーの方が亡くなってしまった場合、様々な手続きをする必要が出てきますよね。
パートナーの方が亡くなったことに加えて書類上の手続きなどすることがたくさんあって疲労困憊である方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
そのような方のお役に立てるようなことをご紹介させていただきますね。

パートナーの方が亡くなった場合、パートナーの方が所有していた財産の財産分与、相続ということが問題に上がってくることかと思います。
相続する金額が決まった後は気になるのが相続税です。
財産を相続することによって発生する税金があります。
それがいわゆる相続税と呼ばれる税金となります。
相続する金額に対しての計算によって相続税の税額が決定することとなります。

ですが配偶者と呼ばれる位置づけの方が相続をする場合には配偶者相続税軽減措置と呼ばれる措置やまた配偶者控除というものもあり、非課税で相続をすることができるケースが多くなります。
ですがこの配偶者控除等を受ける場合には申告を行う必要が出てきます。
申告期限までに申告書と必要書類を提出するだけなのですが、必要書類を提出したり金額を計算したりするのが少々手間がかかりますね。
そういったことを相談したいという場合には司法書士や弁護士等に相談するということもできます。
また簡単な質問であれば役所に対して質問、相談をすることも可能です。

配偶者の方に関しては、基本的には配偶者相続税軽減措置の適用によって1億6000万円までの財産の相続、またそれを超えていたとしても法定相続額であれば非課税で相続をすることができるようになっています。
それを超えたとしても配偶者控除を受けて税金対策を行うことが可能です。
遺産を相続しても相続税でかなり支払いが生じるという話も聞きますから、そういった利用することができる措置等はぜひ利用していただきたいものと思います。
しっかりと税金対策をおこなっていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA