配偶者の相続税の軽減

遺産相続において、相続税を支払う必要がある、相続税が課されることになるということについて不満を抱いている方も多いかもしれません。
特に配偶者の方の場合はよりそう思うことでしょう。
夫婦として一緒に生活をしてきた中で配偶者の方が金銭的に価値のある財産を築くことができたのは、夫婦として一緒に支えあってきたからこそでもあります。
お互いがお互いを支えなければ夫婦として財産を築くことはできません。
なのに故人名義だからといって配偶者の所有している財産を譲り受けるのに税金を支払わなければいけないという事実に疑問を感じるのも当然なことかもしれませんね。

ですが安心してください。
配偶者の方には相続税に関して、配偶者相続税軽減措置という措置がとられているのです。
ですのでこの法律で定められている軽減措置によって場合によっては税金が課されないというケースも出てくるので、安心していただいて大丈夫です。
ですが相続する遺産の金銭的価値が大きい場合には配偶者控除もあるものの相続税が発生するということになります。

配偶者相続税軽減措置については相続する際に相続する財産が1億6000万円未満であれば原則的に税金が課されないということになります。
1億6000万円までの金額は無税で相続することができるんですね。
本来であれば課税されているということを考えるとこの軽減措置については非常にありがたいものであるといえるでしょう。
税金を支払う必要がなくなるので、税金対策といえますね。

1億6000万円を超える遺産があるという場合にはどうすればよいのでしょうか。
その場合には税金が発生することになりますが、配偶者控除というものがあります。
申告期限までに申告をすることによって配偶者控除を受けることができますので、その分課税される金額を抑えることができるというメリットがあります。
この配偶者控除についても配偶者税額軽減措置ということができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA