相続税対策として配偶者が行うべきこと

最愛のパートナーがなくなってしまった場合、その亡くなったパートナーが所有していた財産を相続することになります。
配偶者の方が財産を相続する場合に気になることとしては相続税ではないでしょうか。
金銭的価値を持っている財産について相続することとなった場合には、相続税という税金が課されることとなります。
その相続税がどれぐらいかかるのか不安に感じてしまう方も多いことでしょう。

大切な人が亡くなった時に詳しく調べたりするような気力も起きませんよね。
ですが遺産の相続に関して申告は亡くなったことを知った日の翌日から10か月目の日までという期限があるんですね。
その期限内に相続する財産の額を算出して、また支払うべき相続税の税額についても計算して申告を行う必要があります。
ですので知識として知っておくことに越したことはありません。

相続税において必要となる知識についてなんですが、配偶者の場合には相続税対策を行うことができます。
しっかりと申告を行うことによって相続税を軽減してもらうことができるようになっています。
故人が所有していた財産の中でも1億6000万円までであれば配偶者の方は相続税が課されることなく、非課税で相続することができます。
また1億6000万円を万が一超えてしまうというような場合であっても、法定相続分までは非課税となるのです。
これが配偶者相続税軽減措置と呼ばれる措置となります。
法律で定められていますから安心することができますね。
税金対策としてもしっかりと軽減措置を受けてほしいものです。

また配偶者控除もありますから、万が一相続税の支払いが生じてしまったとしてもしっかりと配偶者控除を受けて税金の支払いという負担を減らすべきだと思います。
大切な配偶者が亡くなってこれから生きて生計を立てていかなければいけないというときに税金の支払いが大きな負担となってしまう可能性が高いので、こういった軽減措置は本当にありがたい存在となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA