相続税のことを考えると配偶者は生前贈与の方がいい?

夫婦間での財産について、片方名義の財産を遺産として相続するということになった場合、相続税が課されるケースがあります。
相続税については配偶者の方の場合はだいぶ考慮されることにはなります。
配偶者相続税軽減措置というものがあり、そのおかげで相続税が1億6000万円までの遺産の相続に関しては課されることがありません。
ですが1億6000万円を超える遺産の相続の場合は配偶者控除はあるものの少なからず税金が課されることになってしまいます。

配偶者の相続に関して遺産として相続するという方法以外にも生前贈与として受け取るという方法もあります。
生前贈与というのはなくなる前に生きている間に財産を贈与するという方法になります。
生前贈与の場合にも贈与税という税金が課されることになりますが、夫婦間での生前贈与の場合対象者が配偶者であるということで配偶者控除を受けることができます。
生前贈与における配偶者控除についてメリットがいくつかありますのでご紹介したいと思います。

配偶者控除におけるメリットの一つ目としてまず、最大2110万円まで控除額が広がるというものがあります。
これは控除額の範囲が広いので、控除でできる範囲での贈与を行っておくとよいでしょう。
本来であれば課されるはずの税金のことを考えると大きな金額になります。

またもう一つのメリットとして、相続前3年間の贈与が無効となるということが対象外となっているということがあげられます。
通常であれば相続する3年前までの生前贈与が無効になってしまうんですね。
ですが配偶者控除である場合には配偶者控除を受けている財産については対象外となっています。

また贈与する財産に不動産の生前贈与を行っておけば、不動産を売却した際に発生する所得税対策にもなるケースがあります。
こういった税金対策としての方法があります。
せっかく控除があるのであればその配偶者控除をうまく利用するべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA