生命保険の相続税における配偶者控除とは

亡くなった家族から財産を相続した場合、その相続した遺産の金額によって税金が課されます。
その税金を相続税と呼んでいます。
その相続税の支払いにおいて、税金が課される財産には様々なものがあります。
亡くなった故人が所有している金銭的価値のある財産について、それを譲り受けて相続した場合に相続税という税金は発生します。

そしてまた加入している生命保険についても金銭的価値のある財産であると判断されるために税金の支払いが発生するケースもあります。
税金の支払いが発生するケースもあるということで、発生しないケースもあるということでもあります。
課税されない非課税で生命保険の保険金を受け取ることができるケースもあるのです。
控除といった制度などが法律で定められていますから、そういった控除をうまく活用することで税金対策を行うことが可能となります。

故人の加入している生命保険の死亡保険金については、原則的には課税されるものとなります。
ですが課税されない、非課税枠というものも設けられているんですね。
この生命保険の死亡保険金における非課税枠ー500万円×法定相続人の人数という計算式で枠を求めることができます。

また相続税における基礎控除というものもあります。
この基礎控除に関しては、非課税枠とは別に作られている控除額となります。
基礎控除額=3000万円+600万円×法定相続人の数という計算式で基礎控除額を求めることができるようになっています。
ですので万が一先ほど上記で記載しました、非課税枠から出てしまうという場合であっても、基礎控除額の計算式で求めた範囲内の金額であれば基礎控除を受けることができるということになります。

また配偶者控除もポイントです。
配偶者の方の場合は配偶者控除を受けることができ、配偶者控除に関しては配偶者の相続額が1億6000万円まで、また配偶者の相続額が1億6000万円以上であっても法定相続分までは非課税ということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA